豊後街道

石畳が敷かれた豊後街道

江戸時代に使われた歴史の道

的石御茶屋跡

– 阿蘇谷中央部を横断する街道 –

豊後街道は、熊本城下から出発し、大津や阿蘇市内牧、そして阿蘇郡産山村を経て豊後鶴崎へと至る近世肥後の主要な街道で、阿蘇谷のほぼ中央部を横断しています。瀬戸内海を経由して上方(関西)方面へ抜ける主要ルートとして、加藤清正や歴代の細川藩主も参勤交代の際に利用していました。

近辺には藩主休憩のために作られた「的石の御茶屋」や外輪山を超える二重峠などを中心として、往事の姿を伝える石畳の道が残っています。

写真で見る豊後街道

  • 豊後街道
  • 豊後街道
  • 豊後街道
  • 豊後街道
  • 豊後街道

概略図