阿蘇世界文化遺産推進室オフィシャルサイト

国選定「重要文化的景観」Important Cultural Landscape

阿蘇の文化的景観が「重要文化的景観」に選定されました。(平成29年10月13日選定)

国選定「重要文化的景観」

カルデラ火山との共生
阿蘇は過去数回にわたる火山活動により東西約18km、南北約24kmに及ぶ世界屈指のカルデラが形成された。平安期の「延喜式」には既にこの地域で草原と人の関わりを示す記述がある。人々は焦土となった阿蘇の台地を、草原から得られる草肥と長い年月を費やして豊かな水田へと転換していった。 カルデラ上部に広がる広大な草原(資源)の恩恵を平等に享受するために上部の草原と、陥没カルデラ底部の耕地を結ぶ形で「耕地-集落-森林-草原」という垂直的な土地利用(集落域の配置)が生まれることは必然的であり、そのような環境に合わせた地域文化の積み重ねが現在の景観を形成している。 このように、阿蘇の景観は、環境に合わせた土地利用と連綿と続く地域文化から形成された文化的景観である。

はじめにお読みください:
【「阿蘇の文化的景観」保存計画(各市町村版)のHP掲載にあたって】

①阿蘇市・・・保存計画 PDF:39MB
阿蘇の文化的景観 阿蘇北外輪山中央部の草原景観 612.6ha
阿蘇カルデラ北部に位置する阿蘇市には,阿蘇谷の平地及び中央火口丘北斜面,北外輪山及びその斜面が含まれる。歴史的に平地は居住地及び耕作地,斜面は林地,中央火口丘・外輪山上は草地として利用されてきた。阿蘇地方北外輪山の典型的な草地景観である。
(阿蘇カルデラ北部の外輪山上の採草・放牧に関する景観地)
②南小国町・・・保存計画 PDF:54MB
阿蘇の文化的景観 南小国町西部の草原及び森林景観 1282.2ha
阿蘇カルデラの北側に位置する小国郷は,小規模な起伏を繰り返しつつ北へ傾斜する緩斜面の小平野上に位置する。小国郷南部の南小国町では,古くから各集落が草地を維持しながら,小河川沿いの谷筋を林地及び耕作地として一体的に利用してきた。阿蘇地方の典型的な草地及び林地景観である。
(阿蘇カルデラの北側に位置する小国郷の南部に広がる採草・放牧及び森林の利用に関する景観地)
③小国町・・・保存計画 PDF:25MB
阿蘇の文化的景観 湧蓋山麓の草原景観 13.2ha
阿蘇カルデラの北側に位置する小国郷は,小規模な起伏を繰り返しつつ北へ傾斜する緩斜面の小平野上に位置する。小国郷北部の小国町では,古くから草地を利用して小規模な畑地耕作を一体的に営み,林業も拡大させてきた。阿蘇地方の典型的な草地景観である。
(阿蘇カルデラの北側に位置する小国郷の北部に広がる採草・放牧に関する景観地)
④産山村・・・保存計画 PDF:34MB
阿蘇の文化的景観 産山村の農村景観 65.3ha
阿蘇カルデラの外輪山と九重山麓が交わる産山村では,波状高原と浸食された急傾斜の丘陵地域から成る地域に位置する丘陵が広がり水源地が多数ある。斜面地の多くは草地又は林地として利用されてきた。阿蘇地方独特の農村景観である。
(阿蘇カルデラの外輪山と九重山麓が交わる丘陵地域に広がる棚田及び採草・放牧,森林の利用に関する景観地)
⑤高森町・・・保存計画 PDF:28MB
阿蘇の文化的景観 根子岳南麓の草原景観 93.6ha
阿蘇カルデラ南部の南郷谷の東部では,外輪山側は急斜面が多いため小規模な草地が多い一方,中央火口丘側は比較的緩やかな斜面を有するため広い草地が営まれてきた。阿蘇地方根子岳南麓の典型的な草地景観である。
(阿蘇カルデラ南部の南郷谷東部に広がる採草・放牧に関する景観地)
⑥南阿蘇村・・・保存計画 PDF:63MB
阿蘇の文化的景観 阿蘇山南西部の草原及び森林景観 1995.8ha
阿蘇カルデラ南部の南郷谷は,湧水が豊富な一方,火山性の地質のため土地が痩せており,土地を耕作地として利用するには,施肥に必要な草地及び放牧地との一体的利用が不可欠であった。阿蘇地方南阿蘇村北部の典型的な草地景観である。
(阿蘇カルデラ南部の南郷谷北部に広がる採草・放牧及び森林の利用に関する景観地)
⑦西原村・・・保存計画 PDF:23MB
阿蘇の文化的景観 阿蘇外輪山西部の草原景観 19.1ha
阿蘇カルデラの外輪山の稜線より外側(西側)に位置する地域では, 俵山地区をはじめとして外輪山の草地を利用しながら林業及び農業が一体的に営まれてきた。熊本市街地に隣接することから開拓及び商品作物生産等の影響がみられる。阿蘇地方外輪山の典型的な草地景観である。
(阿蘇カルデラの外輪山の稜線より外側(西側)に位置する採草・放牧に関する景観地)

市町村の重要文化的景観